まず、なぜ世の中には信号があるのかをご存知でしょうか。「青は進め黄色は徐行赤は止まれ」これは、誰でも知っていることです。
もちろん混乱が起こり事故を防ぐのが本来の目的ですが、他にもちゃんとした理由があります。それは、歩行者や車両の危険をさけ、スムーズな交通と安全を確保するためです。これを無視してしまうと目的地まで着くことはできないでしょう。
特に歩行者などは、惹かれないであろう車がちゃんとこちらを意識してくれてるであろうという思い込みで無視をしてしまい最悪の場合は人身事故につながってしまいます。そしてその人身事故のせいで交通規制がかかってしまい、本来であれば2車線使える車線が1車線になりスムーズに車が流れなくなってしまいます。もし、これが日本中で起こってしまえば車はただのお荷物になるでしょう。
そういった観点から見て行くと設置されて当たり前だと思っていても非常に大事な役割をしています。
注意して歩道を渡ったり運転していたりしても注意力の欠ける行動をしている人間に巻き込まれてしまえばなんの意味もありません。そういう行動を取る人間にもちゃんとわかるように「青」「黄色」「赤」と24時間作動してくれていることを忘れないでください。