黄信号の注意点について

| 未分類 |

車の運転はとても楽しいものですが、それだけに交通事故を起こさないよう安全運転を心がけたいものです。
安全運転は、周りの人の信頼関係に基づいた基本的なマナーです。
信号には、青・赤・黄があります。
自動車教習所で、青は進め、赤は止まれ、黄色は注意と教わった筈でありますが、中々、教わった通りの運転をされていない方が多く、トラブルや、交通事故の原因になっています。
道路交通法では基本的に、[黄色信号は止まれ]ですが、交差点に進入している状態で黄色信号に変わったら速やかに注意しながら交差点から出ることとされています。
しかし、黄色に変わった後に交差点を通過するドライバーがいるのも実情ですし、中には赤信号に変わりそうだからと予測して加速して通過する車両もいます。
反面、交差点で黄信号に変わったからといって、急ブレーキを踏むドライバーも稀におられます。
これらの運転行為は非常に危険な行為で、トラブルの原因となりますし、大事故に繋がります。
これらの事故を防ぐ為には、黄色信号を予測した運転が効果的と言われています。
交差点に近づいたら、歩行者信号を見ます。歩行者信号が青から、赤に変わるのを注意しながら運転するという方法です。
その結果、自分の信号が黄色に変わるタイミングを把握することが出来ます、