多くの場合、信号機は赤、青、黄が点灯していますが、郊外や深夜帯になると、赤や黄の点滅に切り替わることがあります。
この状態は、赤信号であれば車は停止位置で一時停止しなければならない、となっており、黄信号は他の交通に注意して徐行して進む、と定義されています。
赤信号の場合、一時停止は必須ですが、点灯時のように青に変わるまで停止していなければならないということはなく、周囲の安全が確認できれば通行することができます。
黄信号の場合、特に停止などの規定はありませんが、通常通りに通行するのではなく、周囲に注意を払いながら通行する必要があります。制限速度よりも少し落とした速度で加速せずに通行すれば違反になることはありません。
これらの信号機は交差点で片方が赤、片方が黄、という組み合わせになっています。黄信号を通行する際の注意点として、赤信号の意味を知らずに安全確認を行わずに侵入してくる車もいます。黄信号だから徐行すればよいとだけ考えて周囲に注意しないで通行すると、追突される危険性があります。そのため、自分がルールを守ればそれでいいと考えず、しっかり周囲の確認をするように気を付ける必要があります。
なお、赤信号の場合は、押しボタンが設置されていることも多く、黄信号側の通行量が多くて通行できない場合は押しボタンで信号を青に変えた方が安全に通行できます。